arrks  
カード・名刺 封筒 レター・伝票 グリーティング シール
アークス TOP > ご利用ガイド > 印刷に関するガイド > 特色印刷について > フルカラー印刷と特色印刷の違い(活版印刷・オフセット印刷・オンデマンド印刷との組み合わせ)

ご注文に関するガイド

印刷に関するガイド
特色印刷について

特色印刷とは

身近な特色印刷

個性的な特色印刷

フルカラー印刷との違い ▶

参考料金

メニューと入稿について
名刺・カードについて
封筒について
レター・伝票について
その他の印刷物について

キャンペーンのご案内

アークスについて

お問い合わせ

フルカラー印刷と特色印刷の違い(活版印刷・オフセット印刷・オンデマンド印刷との組み合わせ)
特色印刷とフルカラー印刷の違いは【 色と色数 】です。


特色インク【 特色印刷 】は【 1つの色 】を【 そのインクを作り 】印刷するので、色がとても鮮やかですが、それぞれ別々のインクを作らなくてはなりません。
グレーは、線も文字もアミ点では無くシャープです。

 ・選んだ1色をキレイに印刷したい方
 ・色を多く使うと料金が高くなる
 ・色は鮮やか ・文字や線がシャープ
 ・ 別の人(色)と同時に印刷出来ない


【 フルカラー印刷 】は、すべての色を基本4色だけで印刷出来ますので、多くの色を基本料金だけで印刷出来ますが、色は濁ってしまいます。
グレーは、線も文字もアミ点による再現になります。

 ・いろんな色を使いたい方に最適
 ・色を多く使っても4色料金は変わらない
 ・色が濁る ・文字や線がアミ点なのでシャープでない
 ・ 多くの人(色)と同時に印刷出来る

とにかく安ければ良いという方はご覧ください。▶


参考1:フルカラー印刷とカラープリントは、同じ原理です。
一般的なフルカラーとは【 セットインク 】という、いつも印刷機に固定されている4つの色インクを組み合わせて、いろいろな色を再現しています。特にカラー写真には無限に近い色が含まれていますので、一般的なフルカラーで再現します。
簡単に説明すると「ブルーとイエローを混ぜるとグリーン」「レッドとイエローを混ぜるとオレンジ」「ブルーとレッドを混ぜるとパープル」という具合に、まさに子供の頃に習った絵の具の混ぜ方と同じ原理です。ただし、実際のフルカラー印刷は、色を”混ぜる”のではなく、色を重ねて印刷することで再現し、色の濃い薄いは、アミ点という点の密度を変えることで再現しています。


参考2:特色をフルカラー印刷にプラスする【 補色 】
一般的なフルカラーでは再現しにくい色域をカバーするために【 補色 】という特色の使い方があります。
主に鮮やかな色彩のカラー写真を再現する際に、蛍光色などをフルカラー4色に追加して色域を補う方法があり、同人誌やパッケージ業界で盛んに活用されています。
フルカラー印刷でクオリティを追求する場合は、印刷条件を他人と共有することが難しく、また印刷仕上がりを事前に確認するための本紙色校正という見本製作の工程を行うことも多く、お客様だけのカスタム仕様と成るため、一般的な印刷通販の価格よりも大幅なコスト高になります。
近年、開発が進んでいる【 6色写真プリント 】や【 広色域印刷 ] などはその発展形です。
(活版印刷・オフセット印刷・オンデマンド印刷との組み合わせも可能です。)


参考3:特色によるモノクロ印刷とダブルトーン(2色分解)
写真印刷はフルカラー以外の手法があります。特にモノクロ写真の紙焼きのような深い味わいを印刷で再現する場合、黒とグレー・黒と銀・黒とセピアなど、黒と特色の組み合わせで独特の雰囲気を再現する場合があります。
大量のチラシには、コストカットの手法として、色数を減らす為に、同じ手法で青と赤による2色印刷が多用されていました。蛍光色だけによるサイケデリックな写真表現なども同様です。


とにかく安ければ良いという方はご覧ください。▶
上記の内容にご不満やご指摘がございましたらご連絡ください。▶


更新日:2018-07-28
▲ このページの先頭へ

Copyright © 2010 arrks inc. all right reserved. ご利用ガイドお問い合わせ特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーご利用規約