arrks  
カード・名刺 封筒 レター・伝票 グリーティング シール
アークス TOP > ご利用ガイド > 印刷に関するガイド > 名刺・カードについて > 活版印刷ついて(凸版印刷・オフセット印刷・オンデマンド印刷との組み合わせ)

ご注文に関するガイド

印刷に関するガイド
特色印刷について
メニューと入稿について
名刺・カードについて

名刺・小カードのサイズ
ハガキ・カードのサイズ

名刺・カードの用紙

名刺・カードのカラー

活版印刷について
 ・活版印刷について ▶
 ・ご注文の流れ
 ・参考価格(活版印刷)
 ・活版印刷のご注意

参考価格(オフセット)

お得なプラン

封筒について
レター・伝票について
グリーティングについて
シールについて
その他の印刷物について

キャンペーンのご案内

アークスについて

お問い合わせ
名刺・ハガキ・ポストカードの活版印刷について(凸版印刷)
昔ながらの工場料金で身近な活版名刺を2,500円から承ります。→活版名刺の価格
用紙や特色を自由に指定して、ハガキやポストカードにも活版印刷を活かせます。
活版印刷・オフセット印刷・オンデマンド印刷との組み合わせも可能です。


当社の活版印刷は、DTPデータから凸版を作成して、煽り(あおり)タイプの小型活版機を使用する印刷です。
対応サイズは名刺など小さな印刷物からB3ノビ(四六判4切/平台活版機)まで可能です。
 ・名刺・ショップカード・ハガキ・ポストカード・案内状・インビテーションカード
 ・一筆箋・便箋・レターヘッド・各種サイズの封筒類など、レタープレスのステーショナリー
 ・カタログ・パンフレット・書籍の表紙やブックカバー


特色インク 活版印刷の特長は、ツブレ易く滲み易くズレ易く、そして速度が遅いため料金も割高なので、現代のオフセット印刷と比べると効率がとても悪いのですが、その力強い印字と独特な風合いはとても温かく上品な仕上がりです。
 主な印刷版としては、硬質な亜鉛版と扱いやすい樹脂版の2種類が使い分けられており、お客様のご要望または当社の判断でどちらの版を使用するか決定します。
 凹凸感が出るようにガッシリと強く印字する場合、リピート回数や枚数の多い場合は、硬質な亜鉛版を使います。
 また、差し替えや面付けなど臨機応変な凸版の組み合わせが必要な場合や、多色刷りで少し擦れた味わいが必要な場合は、扱いやすい樹脂版を使用します。
 そして何よりも、お好みの仕上がりを左右する決めては、ズバリ!印刷用紙の選択に掛かっていると断言出来ます。ディープでシャープな凹凸感のある活版印刷とは、決して版の深さで表現出来るわけではありません。
 活版の圧をしっかりと受け止めた凹凸感としては、コットン系用紙ではソフトな味わいが得られますし、マット・ケント・ミラー系の用紙ではシャープな印象が得られます。
 強い印圧の凹凸感を求めた活版印刷のご注意として、柔らかいコットン系用紙はエッジが鈍くなるのでインクが溜まる滲みや潰れかかったイメージが多くなります。逆に平滑度のあるマット・ケント・ミラー系の用紙では切れの良いシャープな印字が得られますが印圧を受けるクッション性に乏しいのでウラ面に影響が出易くなります。
 特に両面への活版印刷の場合は、用紙の特性に合わせて十分な注意と適度な印圧調整が必要です。


 活版とは、「活字=1文字ずつバラバラの四角いハンコ」を組み合わせた活字組版の略称です。
 活字組版とは、フォントの種類やサイズが1文字ずつ別々のハンコになっている ” 活字 ” をレイアウト通りにピンセットなどでつまんで並べて調整した組版です。 現在も活版をこよなく愛する方には、活版印刷の刷り上がり具合の他に、この活字の字形=タイプフェイスを愛している方も多いそうです。
 残念ですが、当社では既に活字を保有しておりません。活字フォントの風合いを望まれるお客様の中には、PC用フォントを使用せずに、独自に ” タイポニー ” や ” モンセン ” などのフォント清刷り集から版下を作成されて入稿いただく方もいらっしゃいます。
 テレビなどで初めて活版印刷を見た方は、レトロなイメージを持っているでしょうが、ズバリ!!レトロです。 活版印刷は、” イモ判のはんこ ” と同じ原理で、凹凸になった刷版にインクを付けて紙に押し刷りします。
ガシャンガシャンと五月蠅い押し刷りには主に2種類有ります。
 ひとつは、版の上に用紙を送り込み、上から銅板で圧を掛けて押し刷りする ” 送り印刷機 ” で、用紙を手で差し入れていく手差し大判印刷があります。大判印刷では、紙の他に布地などにも印刷にすることがありました。
 もう一つは、当社で使用している、壁側に活版をセットし用紙を " ウチワを煽るように ” バタンバタンと押し刷りする ”煽り印刷機 ” という種類があります。主に名刺や封筒などの印刷に多用された活版印刷機です。
 また、初心者でも扱いやすい ”テキン”と呼ばれた卓上型の手動機があります。この”テキン”は、1枚ずつ手で紙を交換しながらガチャンガチャンとレバーを手で引いて押し刷りするため、曲がり易く印圧が均等にならないので簡易な名入れ程度に利用されていました。昔の職人さんには、この手動機で何万枚も刷る過酷な労働で技術を鍛えたという方もおります。
安心してオーダーいただく為に活版印刷のご注意をお読みください。→


100枚¥1,500から自動見積へ 名刺・カードの自動見積STEP、登録無し、見積無料、1:複雑な印刷見積がカンタンです。2:必要な項目をクリックするだけ。3:豊富な用紙選択。4:フルオーダーにも対応。(変形サイズ・特殊紙・箔押し加工など)【 用途 】 一般名刺・欧米サイズ名刺・ホステス名刺・ショップカード・スタンプカード
更新日:2017-08-19
▲ このページの先頭へ

Copyright © 2013 arrks inc. all right reserved. ご利用ガイドお問い合わせ特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーご利用規約