arrks  
カード・名刺 封筒 レター・伝票 グリーティング シール
アークス TOP > ご利用ガイド > 印刷に関するガイド > グリーティングについて > グリーティングカードのサイズ

ご注文に関するガイド

印刷に関するガイド
特色印刷について
メニューと入稿について
名刺・カードについて
封筒について
レター・伝票について
グリーティングについて

グリーティングのサイズ ▶

グリーティングの用紙

グリーティングのカラー

活版印刷について

参考価格

お得なプラン

シールについて
その他の印刷物について

キャンペーンのご案内

アークスについて

お問い合わせ
グリーティングカードのサイズ
当サイト自動見積のグリーティングカードのサイズは、よく使われる最小限の種類に絞り込みましたので(印刷に詳しく無いお客様)にも簡単にお選びいただけます。
  • メニュー以外のサイズについては、【 オプション サイズ 】記入欄に具体的にご指示ください。
  • オーダー専用紙は様々なご要望に対応可能ですが、既製品の用紙や印刷内容には制限があります。
官製はがき 100㎜ × 148㎜
日本で一般的なハガキサイズです。
ポストカードサイズ 105㎜ × 148㎜ (A6)
官製はがきより5㎜幅広なだけですが、タテヨコ比率の安定感が増すので、販促物やフォトカードなどのデザイン系で多用されてます。
2号単カード 103㎜ × 154㎜
郵便ハガキの規定料金内のサイズです。
通常の官製はがきサイズと混ざっても、大きいので”目に付き易くなる”という理由から式典や冠婚葬祭などの挨拶状や招待状に多用されます。
大判ハガキ 107㎜ × 154㎜
郵便ハガキの規定料金内の最大サイズです。
”通常の官製はがきサイズと混ざっても、大きいので目に付き易くなる”という理由から式典や冠婚葬祭などの挨拶状や招待状に多用されます。
デカハガキ 120㎜ × 235㎜
ハガキ料金サイズではありません。定形郵便料金内(80円)の最大サイズで一般的な長3封筒と同じサイズです。
インパクトのあるカードサイズなので、展示会やレセプションなどの案内状や招待状に多用されます。
※現在はDM便などの発達からもっと大きなサイズのカードも増えています。
上記サイズの折り 上記サイズのカードは、封筒とセットにする折りサイズがあります。
折りカードは、タテ折り、ヨコ折り、2つ折り、3つ折りなどがありますが、折ったサイズは規格に収まるようにするのが基本です。
またカードは、折った状態で納品されますと、厚めの用紙の折り目が割れ易いので、展開サイズにスジ押しした状態で納品され、実際に使用するときに折って使われます。
メニュー以外のサイズ メニュー以外のサイズをご希望のお客様は、メニューの中から一番近いサイズを選んで、自動見積の結果を参考にしてください。
または、【 オプション・サイズ 】記入欄に具体的にサイズについてのご要望をご記入いただき、正式見積をご依頼ください。
折りのご注意 折りカード類の【 スジ押し 】は、本来は紙の目と逆向きに押すのが基本です。
通常の折り目は紙目と平行にするのが基本なので意外な方も多いと思われますが、折りスジと紙目が同じ方向だとキレイに折り難く、カードの腰も弱くなります。
(実際の印刷注文では、枚数効率が優先されることが多いので、スジと紙目の関係は無視されがちですが、納品後の破損トラブルになるケースもあります。)
更新日:2017-08-19
▲ このページの先頭へ

Copyright © 2013 arrks inc. all right reserved. ご利用ガイドお問い合わせ特定商取引に基づく表記プライバシーポリシーご利用規約